どれが好き?人気の婚約指輪のデザインのタイプとは?

抑えておきたい、婚約指輪のタイプとは

婚約の証として、主に男性から女性へと贈られる婚約指輪。最近はネックレスや時計など別の物を贈るケースも増えていますが、まだまだ多くの女性にとって憧れのひとつなのではないでしょうか。
とはいっても、指輪には好みがありますので、婚約指輪ならなんでも嬉しいというものではありませんね。指輪はほんとうにたくさんの種類がありますので、どれがいいかは、多くの女性にとって迷うところではないでしょうか。まずはどのようなタイプがあるかを知ると、選びやすくなります。
指輪のデザインには、大きく分けると、ソリティア、メレ、エタニティ、パヴェなどがあります。またこれらに当てはまらない個性的なものもあります。
それでは、これらのデザインがそれぞれどんな特徴を持つのか、見ていきましょう。

それぞれの特徴を知って参考に

ソリティアは一粒石を使ったリング。ダイアモンドを一粒だけ爪でセットした立て爪タイプと、埋め込んであるタイプがあります。婚約指輪の定番デザインですね。
メレはメインの石のまわりに小粒のメレダイアをちりばめてあるもの。かわいらしさと華やかさを兼ね備えています。
エタニティは同じサイズの小粒の石を、途切れずぐるりと並べたもの。半分だけ並べたハーフエタニティもあります。
パヴェは敷石という意味があり、メレダイアを敷き詰めたデザインです。なんとも豪華な輝きが特徴です。
この他に、結婚指輪とセット使いするようにデザインされたものや、どれにも当てはまらないデザイン性の高いものなどがあります。
最近は定番のソリティアよりメレやパヴェに人気があるようですが、大切なのは自分がいいなと感じるものです。たくさんのリングを見て、実際に試すうちに、似合うもの、好きだと感じるものに出会えるでしょう。

婚約指輪を横浜で選ぶメリットは、ハイセンスな指輪が多く、女性に本当に喜んで貰える指輪を購入できることです。